廃棄ではなく、
リユースが優先される社会へ。

リユース企業である当社の使命は「リユース率の向上」にあると考えております。「価値あるものがリユースされる」そんな当たり前の社会を実現するため、私たちはリユース企業間の在庫売買を活性化させる新しい二次流通網の構築を目指しております。

2011年に総合リユース事業に参入してから6年後の2017年、初の物流拠点となるリユースセンターを相模原市に設立しました。
同年、旧態依然とした古物市場(業者間取引の場)をIT化した「クシリキマーケット」を開発。商品状態を現物確認しなくても安心して取引できる体制、ルール、情報の標準化を進め、これまでにない新しい取引形態の市場を創ることができました。

2019年は会員拡大と取引の活発化を施策、会員数が300社を超え、関東に物流網構築の計画を進めていたところで、2020年新型コロナウイルスにより足止めを食うこととなりました。ところが、その最中に開発した「下取りチェッカー」で大手家電量販店との業務提携が決まり、新しい下取りサービスをスタートさせることになりました。2020年を振り返り改めて、どんな時でも目の前のことにベストを尽くす大切さを実感しております。

2024年には「クシリキマーケット」年間出来高10億円を目標に、商品供給量、物流拠点の拡大に注力しつつ、変らず新しい二次流通網の構築に邁進して参ります。

廃棄ではなく、リユースを。

代表取締役西川心二

現場が第一。
私たちの行動理念はそこに尽きる。

お客様の期待に応えることが私たちの責務だと考え、私たちを選んでくださったお客様のご期待以上で応えることを最優先に行動しております。ものを手放すお手伝いをしている私たちからすれば、ものを手放すシーンは日常の出来事です。しかし、お客様からすれば人生の節目とも言える大切な日であるかもしれません。一人ひとりのお客様に対して「頼んでよかった。」と心から思っていただけるよう、自らの責任を自覚し、ベストを尽くすことを大切にしております。

お客様は個人の方に限りません。卸売先、取引先、提携先企業のお客様も間接的には弊社のサービスを利用して下さるお客様です。自分たちが直接サービスを提供しなくとも、お客様のお客様が同じように「頼んでよかった。」と思って下さるようサービスを設計する、あたりまえかもしれませんが、私たちはそこからブレることなく実直に追及していきたいと考えております。
また、リユース品といえど日本製品を心から信頼し、手に入れる喜びを表現してくれる人々。主語を日本とするなら、その人たちもまた広義な意味においてお客様です。目の前のお客様を大切にできてこそ、世界に価値をつなげられる組織へ成長すると確信しております。

ベストを尽くし、お客さまのお役に立てたか。

胸を張り、良い仕事をしてると言えるか。

正々堂々と対価をいただき利益を上げているか。

本当に良いサービスを提供する。
私たちは挑戦し続けます。

会社概要

会社名
株式会社アシスト
本社
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜1-3-10 新横浜IOビル9F
本店
〒242-0001
神奈川県大和市下鶴間519-9
設立
2009年2月25日
TEL
050-3734-2296
代表者
西川 心二
資本金
3000万円
従業員
29名(パート除く)
許認可
■古物商
神奈川県公安委員会 452780009266号

■産業廃棄物収集運搬業
東京都  第13-00-157241
神奈川県  01400157241